水道修理にも使える火災保険の魅力

負担になる水トラブルの修理費用は保険で賄える 負担になる水トラブルの修理費用は保険で賄える

水漏れ時の水道修理にも利用できる火災保険を知る

女性

水漏れの際に水道修理を業者に依頼しますが、実はこの時の費用を火災保険で補うことができます。では、火災保険は水漏れの他にどのようなことを補償してくれるようになっているのか、その火災保険について学んでいきましょう。

火災保険ってなに?

火災保険は、建物や動産と呼ばれる不動産以外の家財を補償してくれる保険です。火災保険に加入することで、建物と動産が火災によって焼失してしまった場合、保険金を受け取ることができます。ただし、保険内容によってどちらか一方だけに加入している場合、建物か不動産のどちらかにしか保険金は下りません。

火災保険の対象となるもの

火災保険では火災だけでなく水漏れなどの事故も補償(保険会社スタッフ)

火災保険は、火災だけを補償するものとイメージされる方も多いかと思います。しかし、実は火災以外にも水漏れや落雷、水災、盗難、風や雪、雹などによる被害にも対応しております。補償される事故は各保険によって異なります。様々な日常生活における事故に対応しておりますので、お家にあった補償内容の保険をお選びください。

水道修理に関連する火災保険の内容を知ろう

水漏れや雨漏りと水災は別物(ファイナンシャルプランナー)

火災保険の対象に含まれている水漏れや雨漏り、そして洪水や高潮などによって起こる水災は同じ補償になっていると思われるかもしれませんが、実は補償の対象として別のものとして考えられています。水災補償とは、簡単に言うと洪水などといった自然災害に対して言う補償になります。例えば、水災補償されている火災保険では水漏れや雨漏りなどが起きても水災に認定されないため、保険金は下りません。そのため、補償内容を確認する際はその点もチェックしてみましょう。

水漏れ特約に注目(保険会社スタッフ)

火災保険には「水漏れ特約」というものが付いていることが多いです。水漏れ特約では自宅の水漏れはもちろん、アパートやマンションに住んでいる方の場合は階上の部屋から水漏れが原因で、階下にある自分の部屋までが水浸しになってしまった時も保険金を補償してくれるものとなります。また、申請の手続きをサポートしてくれる水道修理業者もいるので、手続きが面倒に感じる方はそちらを活用されてみてはいかがでしょうか?

TOPボタン