賃貸物件での水道修理はオーナーや管理会社に相談

負担になる水トラブルの修理費用は保険で賄える 負担になる水トラブルの修理費用は保険で賄える

賃貸物件なら保険の利用すら必要ないこともある!

賃貸物件を借りて住んでいる場合、自分で火災保険に入らなくても良いケースがあります。もしも、水道が壊れてしまい水道修理が必要となった場合には、建物の管理会社かオーナーに連絡を取るようにしましょう。支払いをしなくても良くなる可能性があります。

賃貸物件の水道修理はオーナーや管理会社に相談してみよう

自分で水道修理費用を払わずに済みました(30代/女性/主婦)

アパートに住んでいる時に、蛇口が壊れてしまい水漏れが発生してしまいました。最初に水道修理会社に連絡しようとも思いましたが、まずはとりあえずオーナーさんに相談したんです。するとオーナーさんがすぐに水道修理業者を呼んでくださり、何とか被害を最小限に食い止めることができました。水道修理業者が作業している間にオーナーさんがやってきて、「費用はこちらが負担するので安心してください」と言われました。てっきり私が払うものだと思いこんでいたんですが、払わなくていいことを知り、得をしましたね。これなら、火災保険を利用する必要もないので保険料の心配もなくて、すごく満足できる家に住めてよかったなと思っています。

管理会社が水道修理費用の支払いを負担してくれる際の条件

男性

水漏れなどのトラブルが起こった時に、原因を探っていくことが大切です。もしも劣化のせいで水道修理が必要となった場合は管理会社側が責任を持ち、費用を支払わなくてはいけないのです。ただし、全ての事例で管理会社やオーナーが支払ってくれるわけではありません。例えば、固くなった蛇口などを無理やり回そうとしたことが原因で破損してしまった時に起きた水漏れなどの場合は、修理費用を出してもらえません。なぜなら、管理側ではなく利用者の使い方に問題があるためです。使用方法を今一度確認し、もしもトラブルに巻き込まれても自分のせいではないとはっきり言えるように、日頃から大切に扱っておくことが大切です。火災保険では、自己負担となる費用を代わりに負担してもらえるので加入しておくと安心できます。

TOPボタン