水道修理で火災保険が適用になるトラブルケース

負担になる水トラブルの修理費用は保険で賄える 負担になる水トラブルの修理費用は保険で賄える

どのような場合に火災保険は利用できるのか

火災保険は様々なケースで活用することができます。では、どのようなトラブルにおいて火災保険を利用することができるのでしょうか。また、火災保険の加入と共に重要な個人賠償責任保険の付帯についてもご紹介していきます。

建物内外の給排水設備のトラブル

作業員

火災保険では、建物内外の給排水設備でトラブルが生じ、水漏れなどを引き起こしてしまった場合も補償の対象となります。補償対象となる給排水設備は主に、水道管や排水管、温水器、給水ボイラー、ガス湯沸かし器、トイレ水洗用設備、浄化槽、雨どいなどです。こうした設備による事故によって水漏れなどのトラブルが発生した場合、水道修理に関する補償が受けられます。また、水道管が凍結によって破裂してしまい、水漏れなどのトラブルが起きてしまったという場合でも補償の対象となるのです。

火災保険で補償JUDGE~対象外になる事例もある~

水道管が破損した際に火災保険が利用できると聞きました。どのような状況でも利用できるのでしょうか?
火災保険では水道管が破損してしまった際の補償は受けられます。しかし、実際はどのような状況でも利用できるというわけではなく、予測できないトラブルに限り、補償対象となります。例えば、水道管が凍結し使用できなくなることは予想することができても破裂することを予想することは難しいので補償対象となります。また、洗濯機に常設されていない排水ホースが何らかの原因で外れてしまい水浸しになるといったトラブルでは、予想できない事故ではあるものの、元々常設されていないものは排水設備には分類できないので補償対象外となるのです。

火災保険に加入するなら個人賠償責任保険の付帯がオススメ

火災や水漏れなどの様々なトラブルを回避するために、火災保険に加入を考えている方もいらっしゃるかと思います。もし加入するのであれば「個人賠償責任保険」が付帯されているものを選ぶと良いでしょう。個人賠償責任保険では、自分のせいで相手に損害が出てしまった時などに適用されるものです。そのため、水漏れを起こしてしまい別の下の階にまで水漏れが発生してしまったなどといった損害賠償にも対応することができます。そのため、保険加入の際には万が一のことも考え、水道修理費用だけではなく、損害賠償についてもリスクヘッジを行なっておきましょう。

TOPボタン